不審者判別システム及びプロファイル配布システム

開放特許情報番号
L2011000382
開放特許情報登録日
2011/2/4
最新更新日
2012/8/20

基本情報

出願番号 特願2006-231416
出願日 2006/8/28
出願人 公立大学法人首都大学東京
公開番号 特開2008-052683
公開日 2008/3/6
登録番号 特許第5008118号
特許権者 公立大学法人首都大学東京
発明の名称 不審者判別システム及びプロファイル配布システム
技術分野 情報・通信、生活・文化
機能 制御・ソフトウェア、安全・福祉対策
適用製品 不審者判別システム
目的 近年、防犯や安全確保のために監視カメラを使用することが多い。人の目視による監視は人件費などの運用コストが掛かるため、撮影動画信号を解析して自動的に不審者を判別するシステムが知られている。 この発明は、人物の顔の向き又は用途のプロファイルを判別要素に加えた推論をすることにより判別精度の高い不審者判別システムを提供することを目的とする。
効果 人物の顔の向きのプロファイルを判別要素に加えた推論を行うので、判別精度の高い不審者判別システムが実現できる。
技術概要
プロファイル手段により動画信号から人物の移動速度、移動方向及び顔の向きから抽出されたプロファイルデータと、データベースに予め記憶されている事例ベース表とを比較判別手段で比較判別することにより精度の高い不審者判別システムができる。 また、事例ベースデータメモリに記憶された判別結果を付加したプロファイルデータをデータベースに追加して事例ベース表を更新することにより更に高い精度の判別が可能となる。 さらに、判別比較手段にて、ファジィ連想推論を行えば更に高精度かつ高速な判別が可能である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT