枝葉付で茎の長い苗を損なうことなく、容易に確実な移植作業をおこなうための移植スコップ

開放特許情報番号
L2011000374
開放特許情報登録日
2011/2/4
最新更新日
2014/9/30

基本情報

出願番号 特願2010-229402
出願日 2010/10/12
出願人 福田 悦蔵
公開番号 特開2012-080815
公開日 2012/4/26
登録番号 特許第5612429号
特許権者 福田 悦蔵
発明の名称 横開きの移植スコップ。
技術分野 機械・加工、生活・文化、その他
機能 安全・福祉対策、その他
適用製品 移植スコップ
目的 枝葉付の茎の長い苗において、茎は勿論折角成長している枝葉を損なうことなく確実に移植可能とする移植用具を提供する。
効果 本発明の横開きの移植スコップは、移植作業において枝葉付茎及びその枝葉などに触れることなくかつ根部周りの土を崩すことなく該根部を保持または解放作業ができるようにするため、左右対称のスコップの縦方向の一方側を自在連結で閉じ、もう一方側を横方向に水平の自在開閉動作ができるようにしたことは、移植スコップとして機能的に大いに優れている。
技術概要
本発明は、苗などの移植用具において、枝葉付で茎の長い苗を損なうことなく移植作業を確実とするため、両端部の開口口径寸法が若干の寸法差を有して形成される円筒形で、その口径寸法の大きい一方を上側とする円筒形を縦方向に二分割することで形成され枝葉付で茎の長い苗の根部分を保持できる左右対称のスコップを設け、枠部を構成する枠板材それぞれの縦方向の一方側を閉じ、もう一方側を横方向に水平で開閉自在構造とする枠部自在装置部を枠部に構成し、左右対称のスコップの縦方向の一方側を閉じてもう一方側を横方向に水平の開閉動作ができるように枠板材それぞれに左右対称で取り付ける。そして、この開閉動作を操作可能とする握柄を左右対称のスコップとこれを取り付けるそれぞれの枠部材部分とに固定取付したことを最も主要な特徴とする。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】委細面談
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 委細面談
対価条件(一時金) 【要】委細面談

登録者情報

登録者名称 福田 悦蔵

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT