高親水性レンズ表面を有する眼用レンズの製造方法及びそれにより得られた眼用レンズ

開放特許情報番号
L2011000223
開放特許情報登録日
2011/1/21
最新更新日
2011/1/21

基本情報

出願番号 特願2002-105972
出願日 2002/4/9
出願人 株式会社メニコン
公開番号 特開2003-300216
公開日 2003/10/21
登録番号 特許第4119150号
特許権者 株式会社メニコン
発明の名称 高親水性レンズ表面を有する眼用レンズの製造方法及びそれにより得られた眼用レンズ
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 眼用レンズ、コンタクトレンズ、成形型
目的 酸素透過性硬質コンタクトレンズや非含水性軟質コンタクトレンズはそのレンズ表面の撥水性が強いという問題があり、装用感の悪さに繋がっている。これを解決するべく、高親水性レンズ表面を有する眼用レンズの製造方法を提供する。
効果 カルボキシル基あるいはアクリルアミドなどを含む材料を用いて作製された成形型を用い眼用レンズを製造する。この際、成形型の材質中の官能基と眼用レンズ中のモノマー官能基が静電的相互作用あるいは水素結合などを介して反応する。得られた眼用レンズのバルク表面には、配合モノマー中の親水性成分が選択的に存在することになり、結果として高親水性表面を有する眼用レンズが得られる。本発明では成形型と眼用レンズの複合体をそのまま水あるいは有機溶媒に浸漬すると、成形型が溶解してなくなるため、眼用レンズを脱離する必要はない。
技術概要
 
(1)親水性モノマーを含むモノマー混合物を重合して得られる重合体からなる眼用レンズを製造する方法において、前記親水性モノマーがヒドロキシル基を含む場合、カルボキシル基を含む材質から構成され、前記親水性モノマーがカルボキシル基を含む場合、アクリルアミド系の材質から構成される成形型を準備する工程と(2)該成形型の成形キャビティ内に前記モノマー混合物を収容して重合する工程と(3)該成形型のキャビティ内に形成された目的の眼用レンズを取り出す工程を含むことを特徴とする高親水性レンズ表面を有する眼用レンズの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社メニコン

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT