即席パンの製造方法

開放特許情報番号
L2011000214
開放特許情報登録日
2011/1/21
最新更新日
2011/1/21

基本情報

出願番号 特願2008-296704
出願日 2008/11/20
出願人 岡本 眞一
公開番号 特開2010-119349
公開日 2010/6/3
発明の名称 即席のパンなどの穀物粉加工食品の製造方法
技術分野 食品・バイオ、機械・加工、生活・文化
機能 食品・飲料の製造、安全・福祉対策
適用製品 パンなどの穀物粉加工食品
目的 パンなどの製造には手間が著しくかかるために、従来、製造が敬遠される傾向があったが、極めて簡単に製造できる手段を提供することによって、一般家庭においては勿論、アウトドアなどにおいても極めて容易に製造できること。
効果 従来の面倒であった粉の計量工程、水などの液体を加えて練る工程、汚れた食器の洗浄工程などの面倒を根本的に解決し、パンやケーキなどを極めて容易に、美味しく、何時でも、何処でも、長期保存可能に、安価に製造できるなど多大な効果を奏する。
技術概要
 
穀物粉やベーキングパウダーなどを計量して調合した調合品を、空間を充分にとった大きめのポリ袋に入れて空気を抜いて密封状態にして長期間保存可能に保管しておき、一般家庭やアウトドアなどで製造する時には、このポリ袋の端部を切って、水、ミルクなどを入れてから、袋の外側から手でよく捏ねてからフライパンなどに絞り出してで焼く方法を採用した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
対価条件(ランニング) 【要】 

アピール情報

アピール内容 何時でも、何処でも、極めて簡単に、温かくて、美味しいパンを製造できる。
出展実績 なし

登録者情報

登録者名称 岡本 眞一

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT