構造物の非破壊診断方法

開放特許情報番号
L2011000148
開放特許情報登録日
2011/1/14
最新更新日
2012/7/30

基本情報

出願番号 特願2007-172924
出願日 2007/6/29
出願人 広島県
公開番号 特開2009-014345
公開日 2009/1/22
登録番号 特許第4997636号
特許権者 広島県
発明の名称 構造物の非破壊診断方法
技術分野 土木・建築、その他
機能 検査・検出
適用製品 構造物の欠陥を非破壊で診断する構造物の非破壊診断に適用する。
目的 速度分散性を有するガイド波超音波を用いる構造物の非破壊診断方法を提供する。
効果 SN比が高く、かつ空間分解能の優れた構造物の非破壊診断方法が可能になる。
技術概要
 
(A)広帯域波形を有する励起時間波によって、構造物にガイド波超音波を励起させる励起工程と、(B)構造物を伝搬するガイド波超音波を受信する受信工程と、(C)受信工程によって得られた受信時間波と、励起工程で用いられた励起時間波と、ガイド波超音波についての速度分散情報とにより、構造物中の欠陥の空間分布と、励起時間波の空間分布である励起空間波の自己相関関数との畳み込み波形に相当する空間波パルス圧縮波形を算出する空間波パルス圧縮算出工程と、(D)空間波パルス圧縮波形を画面表示する表示工程とを備える構造物の非破壊診断方法にする。好ましくは、励起工程では励起時間波として、チャープ時間波を用いるようにする。尚、この非破壊診断方法は、特に、配管、板、棒等の構造物の定期検査等に利用することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT