アルキル化カテキンの効率的製造方法

開放特許情報番号
L2011000121
開放特許情報登録日
2011/1/14
最新更新日
2014/9/26

基本情報

出願番号 特願2010-542022
出願日 2009/12/9
出願人 静岡県公立大学法人
公開番号 WO2010/067599
公開日 2010/6/17
登録番号 特許第5574435号
特許権者 静岡県公立大学法人
発明の名称 アルキル化カテキンの効率的製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 アルキル化カテキン
目的 アルキル化カテキン誘導体およびその製造方法、ならびに製造中間体の製造方法を提供する。
効果 メチル化カテキンを始めとするアルキル化カテキンまたはその塩、ならびに有用な中間体を簡便に合成することができる。
技術概要
式(I)で表されるアルキル化カテキンまたはその塩の合成中間体である次式(V)で表される化合物を製造する方法を提供する。この方法は、(a)式(II)で表される化合物を、アルカリ条件下で、ホウ酸またはアリールホウ酸の存在下で、フェノール水酸基を保護して、式(III)で表される化合物を形成し、(b)式(III)の化合物のB環の3位の水酸基を保護して、式(IV)で表される化合物を形成し、(c)式(IV)の化合物を0−アルキル化剤と反応させて、式(V)で表される化合物を形成する工程を含む。式中、R↓1、R↓2、R↓3およびR↓4は、水素、メチル、エチルまたはプロピルを表す;ただし、R↓1とR↓2は同時に水素であることはない、R↓5は水酸基の保護基であり、R↓6はtert−ブチルジフェニルシリルを表す。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 静岡県立大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT