農業経営支援プログラム「こらぼ」

開放特許情報番号
L2011000091
開放特許情報登録日
2011/1/14
最新更新日
2016/9/16

基本情報

出願番号 特願2009-108567
出願日 2009/4/28
出願人 兵庫県
公開番号 特開2010-257353
公開日 2010/11/11
登録番号 特許第5479770号
特許権者 兵庫県
発明の名称 農業経営支援プログラムおよび農業経営支援システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 ビジネスソフト、農業経営支援ソフト
目的 複数の品種・作型の作物を対象とし、作付作物の品種・作型とその作付面積に応じ、農業経営に伴う労力の繁閑や資金繰りなどを事前にシミュレーションできる農業経営支援プログラムを提供すること。
効果 農業経営者は、このソフトを操作して、経営規模に応じた作型選定や労力配分、雇用労働の要否の判断を容易に決定することができる。
技術概要
 
農業経営データ入力ツールにより、農作物別に投入した作業内容・作業量・作業発生日時を含む農作業日誌データと、投入した経費・経費発生日時を含む農業経費データと、回収した売上・売上発生日時を含む農業売上データ等の農業経営データの入力を受け付け、それら農業経営データをデータベース化して農業経営データベースを構築する。農業経営シミュレーションツールは、農業経営データベースを参照し、農作物別に作業労力を算出したり経費を算出したり売上を算出する各種シミュレーションを行い、分かりやすいように可視化する。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】応談
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【否】 
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 農業労働ピークの平滑化を図ることができる。
改善効果2 農業収益を増加することができる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT