生鮮ホタルイカの眼球除去具及びこれを用いた眼球除去装置

開放特許情報番号
L2011000089
開放特許情報登録日
2011/1/14
最新更新日
2012/2/10

基本情報

出願番号 特願平11-069973
出願日 1999/3/16
出願人 兵庫県
公開番号 特開2000-262254
公開日 2000/9/26
登録番号 特許第4269012号
特許権者 兵庫県
発明の名称 ホタルイカの眼球除去具及びこれを用いた眼球除去装置
技術分野 機械・加工、食品・バイオ、生活・文化
機能 機械・部品の製造、食品・飲料の製造
適用製品 業務用、家庭用、加工器具、付加価値製品
目的 ホタルイカの眼球を能率良く除去することができるホタルイカの眼球除去具及びこれを用いた眼球除去装置を提供すること。
効果 生鮮ホタルイカの一対の眼球を能率良く除去することができる。自動除去装置は業務加工用に適し、手動除去装置は、家庭用として小児でも操作ができる。
技術概要
 
生鮮ホタルイカの眼球除去具であり、弾性変形可能な薄板からなる双脚部と、この双脚部の各脚部の先端に設けられた押圧部とを備えている。双脚部は閉脚状態と開脚状態とが交互に変移可能な構造である。押圧部をホタルイカの頭部に押し付けることにより当該頭部から一対の眼球を押し出すとともに、この押し出した眼球を双脚部の開脚に伴って前記頭部から切り離すことを特徴とする。押圧部には、切欠部を形成しており、この切欠部にホタルイカの頭部から押し出した眼球を引っ掛ける。また、自動眼球除去装置は、眼球除去具を取り付けるホルダと、このホルダを昇降させる昇降機構とを備える。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【有】  通常実施
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 生鮮ホタルイカの眼球除去のための特殊技術を要さずに容易に眼球除去ができる。
改善効果2 生鮮ホタルイカの眼球除去により、食感を改善できる。
出展実績 外食・中食設備機器フェア2009

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT