コラーゲン抽出方法

開放特許情報番号
L2011000086
開放特許情報登録日
2011/1/7
最新更新日
2012/11/27

基本情報

出願番号 特願2006-145160
出願日 2006/5/25
出願人 地方独立行政法人鳥取県産業技術センター
公開番号 特開2007-314458
公開日 2007/12/6
登録番号 特許第5097875号
特許権者 地方独立行政法人鳥取県産業技術センター
発明の名称 コラーゲン抽出方法
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 食品、化粧品
目的 収率良く質の高いコラーゲンを簡易に得ることができるコラーゲンの抽出方法を提供することを目的とする。
効果 魚鱗からコラーゲンを抽出する方法のみならず、広くコラーゲン含有組織からコラーゲンを抽出する方法として利用することができる。
技術概要
 
魚鱗から得た粗コラーゲンを2.5g計量し、当該計量した粗コラーゲンに濃度30%の過酸化水素水を25ml加え、20℃〜25℃の室温にて16時間経過させた。次に、過酸化水素水と粗コラーゲンとの混合物に濃度0.02Nの酢酸を200ml加え、その状態で72時間経過させた。その後、過酸化水素水、粗コラーゲンおよび酢酸の混合物を回転数1000rpmで10分間遠心分離を行うことにより、不溶性成分を除去した。さらに、その混合物を透析することにより、過酸化水素、酢酸といった低分子成分を除去し、次いで、凍結乾燥を行った。その結果、1.53gのコラーゲンを得た。すなわち、収率は61.2%であった。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT