光分解性架橋剤、光分解性ゲル、細胞培養器具、細胞配列・分別装置、細胞配列方法および細胞分別方法

開放特許情報番号
L2011000071
開放特許情報登録日
2011/1/7
最新更新日
2016/1/25

基本情報

出願番号 特願2010-231566
出願日 2010/10/14
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2012-080844
公開日 2012/4/26
登録番号 特許第5846404号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 光分解性ゲル、細胞培養器具、細胞配列・分別装置、細胞配列方法および細胞分別方法
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 マイクロ化学分析システム、医薬品生産、細胞培養器具、これを用いた細胞配列・分別装置、細胞配列方法および細胞分別方法、光分解性ゲルおよび光分解性架橋剤
目的 光分解性ゲルの製造が容易であり、かつ適用範囲が広い光分解性架橋剤、光分解性ゲル、細胞培養器具、細胞配列・分別装置、細胞配列方法および細胞分別方法を提供する。
効果 無酸素雰囲気条件が必要ないため、薄膜状のゲルの製造工程が簡略であり、効率的かつ低コストで光分解性ゲルを調製できる。
架橋反応にラジカル重合を利用しないため、ラジカルによってダメージを受けやすい物質を混合した状態で光分解性ゲルを調製することが可能となる。従って、光分解性ゲルを広範な用途に使用できる。また、ラジカル重合に対応できないモノマーの重合物も高分子化合物として使用できることから、高分子化合物の選択範囲が広いという利点もある。
技術概要
ポリエチレングリコールからなる主鎖2と、主鎖2の両末端側に配置された光分解性のニトロベンジル基3と、ニトロベンジル基3の末端側に配置された活性エステル基4とを含む光分解性架橋剤1。活性エステル基4は、アミノ基またはヒドロキシル基に対する反応性を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT