レンズアンテナ

開放特許情報番号
L2011000027
開放特許情報登録日
2011/1/7
最新更新日
2013/7/23

基本情報

出願番号 特願2008-229307
出願日 2008/9/8
出願人 株式会社リューテック
公開番号 特開2010-063051
公開日 2010/3/18
登録番号 特許第5250764号
特許権者 株式会社リューテック
発明の名称 レンズアンテナ
技術分野 情報・通信、電気・電子、その他
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 アンテナ
目的 この発明は、電波の反射損失を低減することが可能な平板状のレンズアンテナを提供する。
効果 この発明のレンズアンテナによれば、平板状のレンズ本体のレンズ中心軸方向の少なくとも片側に平板状の反射防止体を設けているので、全体が平板状であり、しかも、電波の反射損失を低減することが可能になる。
技術概要
近年、準ミリ波〜ミリ波の帯域でのアンテナは、自動車用レーダーや無線LANなどの多様な分野において研究開発が進められている。この帯域では、通常、高い利得が必要な場合はパラボラアンテナ、標準的なもの又は測定系としてはホーンアンテナ、フェーズドアレイアンテナなどの高級なものの基本アンテナとしてはパッチアンテナ、が用いられているが、これらのアンテナは構造が複雑であり、高価である。これらのアンテナに比べて簡単な構造である誘電体レンズアンテナが知られている。しかし、従来の誘電体レンズアンテナでは反射損失が大きくなる欠点を有していた。この発明のレンズアンテナは、電波を透過する平板状のレンズ本体2と、電波の反射損失を低減するようにレンズ本体のレンズ中心軸方向の少なくとも片側に設けられており、レンズ中心軸Ceから周縁までの距離Rがレンズ本体2と略同一の平板状の反射防止体3Aと、を備えてなり、レンズ本体2と反射防止体3Aはともに、基板21,31上に小さな金属薄片22,32が多数設けられた層20,30から構成されており、金属薄片22,32の寸法がレンズ中心軸Ceからから直交方向の距離に応じて異ならせて構成されたものである。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人龍谷大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT