3次元画像描画装置及び方法、プログラム、並びに記録媒体

開放特許情報番号
L2010006485
開放特許情報登録日
2010/12/24
最新更新日
2011/1/14

基本情報

出願番号 特願2003-287885
出願日 2003/8/6
出願人 株式会社スクウェア・エニックス
公開番号 特開2005-056251
公開日 2005/3/3
登録番号 特許第3926307号
特許権者 株式会社スクウェア・エニックス
発明の名称 3次元画像描画装置及び方法、プログラム、並びに記録媒体
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 仮想3次元空間、モデリングした3次元画像
目的 オブジェクトの動作をリアルにモデリングしつつ、少ない計算量で3次元画像を描画することができる3次元画像描画装置等の提供。
効果 本技術によれば、第1のオブジェクトと、第1のオブジェクトとの結合点以外において独立して動作する第2のオブジェクトとをモデリングした3次元画像を、リアルに、且つ少ない計算量で描画することが可能となる。
技術概要
この技術では、第1のオブジェクトを基準として基準軸を設定し、基準軸を3軸のうちの1軸とした仮想3次元空間の座標系とは異なる3次元座標系である基準軸座標系を設定する。所定の動作条件に従って第2のオブジェクトが動作させられるとき、動作させられた第2のオブジェクトに含まれる骨格の位置をそれぞれ算出する。基準軸座標系を用いた演算により、第2のオブジェクトに含まれる骨格のそれぞれが第1のオブジェクトを基準として設定される基準軸に対してなす角度が、第1のオブジェクトとの衝突を生じないものとして予め定められた基準角度の範囲内であるかを判定することにより、骨格の位置において第2のオブジェクトが第1のオブジェクトと衝突しない位置にあるかを判定する。そして、第2のオブジェクトが第1のオブジェクトと衝突しない位置に算出された骨格のそれぞれの位置を基準として、複数のポリゴンのそれぞれの位置を算出する。算出された位置でポリゴンを描画することにより、第1、第2のオブジェクトをモデリングした画像を描画する。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 欧州公開1505546(登録:DE/FR/GB) 米国公開2005-0075557

登録者情報

その他の情報

海外登録国 欧州特許庁
関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT