遮蔽型放射線治療・画像化複合装置

開放特許情報番号
L2010006461
開放特許情報登録日
2010/12/24
最新更新日
2017/12/27

基本情報

出願番号 特願2011-505698
出願日 2009/3/23
出願人 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
公開番号 WO2010/109586
公開日 2010/9/30
登録番号 特許第5339551号
特許権者 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
発明の名称 遮蔽型放射線治療・画像化複合装置、及び、その制御プログラム
技術分野 情報・通信、生活・文化
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 癌の早期診断、陽電子放射断層撮像法(PET)、PET装置
目的 X線や粒子線を患部に照射して行う放射線治療において、放射線(ビームともいう)照射によって照射野から生じる消滅放射線を検出するためのモニタリングに際して、ビーム照射によって生じる核破砕片の検出器への入射を低減して、照射直後あるいは照射中にも消滅放射線を計測し、照射野を3次元的に画像化できる放射線治療・画像化複合装置の提供。
効果 本技術によれば、放射線照射によって照射野から生じる消滅放射線を検出するためのモニタリングに際して、ビーム照射に伴って生じる核破砕片の検出器への入射を低減して、照射直後あるいは照射中にも消滅放射線を計測し、照射野を3次元的に画像化できる。
技術概要
この技術では、ビーム照射に伴って生じる核破砕片の検出器への入射を低減して、照射直後あるいは照射中にも消滅放射線を計測し、照射野を3次元的に画像化できるようにする。即ち、核破砕片を遮蔽する構造物(遮蔽体と称する)を、ビーム照射のオンオフに合わせて動作させ、ビーム照射中は、核破砕片の検出器への入射を低減するようにする。ここで、遮蔽体の要件は、1.照射中の画像化用計測を実現するために、遮蔽体がカバーする範囲は最小限に留め、少なくとも遮蔽されていない検出器で画像化用計測できるようにする。2.さらに、遮蔽体の材質や厚みは、検出器の放射化を許容値以下に抑える一方で、多少でも計測対象である消滅放射線が透過できるよう、最適化することが望ましい。3.また、遮蔽体の材質や厚みは均一でもよいが、核破砕片の前方散乱性を考慮し、散乱角が大きくなるに従って、遮蔽効果を低減させるような設計が好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT