フェニルメチルベンゾキノンを有効成分とするNF−κB阻害剤

開放特許情報番号
L2010006442
開放特許情報登録日
2010/12/17
最新更新日
2010/12/17

基本情報

出願番号 特願平11-548072
出願日 1999/3/19
出願人 松森 昭
公開番号 WO1999/048491
公開日 1999/9/30
登録番号 特許第4553413号
特許権者 松森 昭
発明の名称 フェニルメチルベンゾキノンを有効成分とするNF−κB阻害剤
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 敗血症治療剤、変形性関節症治療剤、自己免疫疾患治療剤
目的 NF−kBの活性化を抑制阻害することによって、NF−kBの活性化に起因する疾患、例えば種々の炎症メディエーターの過剰産生やウイルスの増殖に起因する疾病に対する予防および治療薬を提供する。
効果 敗血症ショック、変形性関節症、慢性関節リウマチ、悪液質、多臓器不全、炎症性腸疾患、マラリア、後天性免疫不全症候群、ヒトT細胞白血病、髄膜炎、肝炎、II型糖尿病、多発性硬化症、ベーチェット病、全身性紅斑性狼瘡、全身性エリテマトーデス、虚血性心疾患、アルツハイマー病などの治療および予防薬を提供するものである。
技術概要
 
一般式(1)で表されるベンゾキノン誘導体もしくはそのヒドロキノン体またはその薬理学的に許容し得る塩を有効成分とする、NF−κBの活性化に起因する疾患またはTNF−α産生過剰に起因する疾患の、予防または治療薬が提供される。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 ご相談

登録者情報

登録者名称 第一三共株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT