低温酸化触媒とその製造方法およびその触媒を用いた酸化方法

開放特許情報番号
L2010006322
開放特許情報登録日
2010/12/10
最新更新日
2015/10/1

基本情報

出願番号 特願2010-201168
出願日 2010/9/8
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2012-055826
公開日 2012/3/22
登録番号 特許第5531212号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 低温酸化触媒とその製造方法およびその触媒を用いた酸化方法
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 低温における高い酸化活性を有する触媒とその製造方法およびその触媒を用いた酸化方法
目的 従来品よりも優れた低温酸化活性を有する担持白金触媒とその製造方法を提供する。
効果 低温での活性が極めて高い酸化触媒が簡便な方法で得られ、それを用いて暖房器具などの不完全燃焼ガスや自動車のコールドスタート時の排ガス浄化、水素ガス中のCO選択酸化等に効果的なガス処理システムを構築することができる。
技術概要
酸化物担持白金触媒であって、特に助触媒成分として遷移金属を含有する酸化物担体上に白金超微粒子を分散させた後、水を添加し300℃以下で水素処理することを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT