受信状況測定システム、受信状況測定装置及び受信状況測定プログラム

開放特許情報番号
L2010006294
開放特許情報登録日
2010/12/10
最新更新日
2010/12/10

基本情報

出願番号 特願2007-093442
出願日 2007/3/30
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-252690
公開日 2008/10/16
登録番号 特許第4594954号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 受信状況測定システム、受信状況測定装置及び受信状況測定プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 受信状況測定システム、受信状況測定装置
目的 デジタル放送の受信状況を調査する際に、特別な装置を必要とすることなく受信状況を自動測定する仕組みを構築することにより、作業を効率化して、調査範囲の拡大に役立てる。
効果 デジタル放送受信装置に特別な装置を装備することなく受信状況を測定する仕組みを構築することができる。これによって、安価にデジタル放送の受信状況を測定するシステムが構築できる。また、PC等によって、システムを構築することができるため、作業を効率化して調査範囲の拡大に役立てることができる。
技術概要
デジタル放送受信装置の受信状況を測定する受信状況測定システムSは、デジタル放送を受信するデジタル放送受信装置(ワンセグ携帯受信機1)と、現在地の位置情報を測定する現在位置測定装置(GPSレシーバ2)と、デジタル情報受信装置から音声信号を取得し、当該取得した音声信号から判定される音声情報の有無と、現在位置測定装置から取得される位置情報とにより、現在位置におけるデジタル放送の受信状況を測定する受信状況測定装置(PC3)と、により構成される。受信状況測定手段は、取得した音声信号を所定の単位時間毎に加算して得られる値が、予め受信不可状態として定めた基準値を超えた場合に受信可状態と判定する音声有無判定手段を備える。音声信号取得手段は、前記デジタル放送の音声信号を取得し、量子化する。図1は、受信状況測定システムのシステム構成の一例を示す図である。図2は受信状況測定装置の内部構成を示すブロック図である。図3は受信状況測定装置の動作を示すフローチャートである。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT