継続時間長生成装置及び継続時間長生成プログラム

開放特許情報番号
L2010006225
開放特許情報登録日
2010/12/10
最新更新日
2010/12/10

基本情報

出願番号 特願2005-025499
出願日 2005/2/1
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2006-215110
公開日 2006/8/17
登録番号 特許第4603375号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 継続時間長生成装置及び継続時間長生成プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 音素の継続時間長生成システム
目的 自然性を残したまま各音素の継続時間長の変換をすることの出来る継続時間長生成装置及びそのプログラムを提供する。
効果 自然性を残したまま異なる環境への各音素の継続時間長の変換を高精度に行うことができる。
技術概要
音声データと音声データに対応する文章データとにより音素の継続時間長を生成する継続時間長生成装置10をえる。ここで、音声データと文章データとの解析を行う言語解析手段11と、言語解析手段11により得られる言語的特徴量又は音響的特徴量から変換前の音素に対して予め設定される分布関数に基づいて、音素の継続時間長に対する存在位置を取得する変換前音声解析手段12と、変換前音声解析手段12により得られる存在位置と、予め設定された変換後の音素に対する分布関数とに基づいて、変換後の音素の継続時間長を取得して音素を変換する継続時間長変換手段13とを具備させる。全体の音声における韻律パターンを生成し高精度な合成音声を出力することができ、通常の発話速度を高齢者等に対しては、ゆっくりした音声で自然性を残した状態で出力させるようにさせることもできる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT