トランスポートストリーム切替え方法及びその装置

開放特許情報番号
L2010006208
開放特許情報登録日
2010/12/10
最新更新日
2010/12/10

基本情報

出願番号 特願2004-272916
出願日 2004/9/21
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2006-093768
公開日 2006/4/6
登録番号 特許第4495558号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 トランスポートストリーム切替え方法及びその装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 デジタル放送の受信時にフェージングの影響を軽減する受信装置に適用する。
目的 TSパケットの判定及びデインターリーブ等の機能を備える受信装置を提供する。
効果 フェージングなどの伝搬路の障害によるサービスの途切れを軽減することができる受信装置が可能になる。
技術概要
第1トランスポートストリームと、第1トランスポートストリームを所定時間だけ遅延した第2トランスポートストリームと、第2トランスポートストリームのインターリーブを行った第3トランスポートストリームを多重して送信された信号を受信する装置であって、受信信号から分離された第1トランスポートストリームを所定時間だけ遅延する遅延手段と、受信信号から分離されたインターリーブを行った第3トランスポートストリームのデインターリーブを行うデインターリーブ手段(デインターリーブ部403)と、第1及び第3トランスポートストリームの正常/異常判定を行う判定手段(判定部402)と、遅延手段からの第1トランスポートストリームと受信信号から分離された第2トランスポートストリームとデインターリーブ手段からの第3トランスポートストリームとを判定手段の判定結果に基づいて切替えて出力する切替手段(切替部405)を有する受信装置にする(図)
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT