チタニア/粘土複合多孔体の製造方法

開放特許情報番号
L2010006177
開放特許情報登録日
2010/12/3
最新更新日
2010/12/3

基本情報

出願番号 特願2005-172517
出願日 2005/6/13
出願人 名古屋市
公開番号 特開2006-346527
公開日 2006/12/28
登録番号 特許第4140729号
特許権者 名古屋市
発明の名称 チタニア/粘土複合多孔体の製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 チタニア/粘土複合多孔体、光触媒材料、吸着材、分離材
目的 高吸着性能と高光触媒性能を併せ持った結晶質チタニアと粘土が複合されたチタニア/粘土複合多孔体の簡便な製造方法の提供。
効果 この技術のチタニア/粘土複合多孔体は、結晶質チタニアが有している高光触媒活性と、粘土層とチタニア微粒子が形成する多孔体構造に起因する高吸着性という性質を兼ね備えている。このため、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、有機塩素化合物、有機溶剤、悪臭物質、農薬、内分泌撹乱物質等の環境汚染物質等を吸着濃縮し、さらにそれを結晶質チタニアによって高効率に分解することができる。
技術概要
 
この技術では、チタニア/粘土複合多孔体の製造方法は、チタニア分散液またはチタニアゾルを膨潤性粘土に作用させてチタニア/粘土複合多孔体とするチタニア/粘土複合多孔体の製造方法であって、チタニア分散液またはチタニアゾルのpHが0〜1.5の強酸性でありかつチタニア分散液またはチタニアゾル中に含有されるチタニアが結晶質であるものとする。原料粘土は膨潤性粘土であればよく、モンモリロナイト、ヘクトライト、サポナイト等のスメクタイト、バーミキュライト、合成マイカ、あるいはフッ素置換せしめたこれらの類似体の1種または2種以上の混合物から選択することができる。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 名古屋市工業研究所

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT