蛍光顔料及びそれを含有する蛍光性樹脂

開放特許情報番号
L2010006171
開放特許情報登録日
2010/12/3
最新更新日
2010/12/3

基本情報

出願番号 特願2003-041266
出願日 2003/2/19
出願人 名古屋市
公開番号 特開2004-250536
公開日 2004/9/9
登録番号 特許第4560592号
特許権者 名古屋市
発明の名称 蛍光顔料及びそれを含有する蛍光性樹脂
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 蛍光顔料、蛍光性樹脂
目的 蛍光強度が低下し難く、色移りのおそれが少ない蛍光性樹脂及びそうした蛍光性樹脂を製造するための蛍光顔料の提供。
効果 この技術の蛍光顔料は、蛍光性を有する高分子化合物を含有しているため、この蛍光顔料を樹脂に練り込んで含有させた場合、蛍光性を有する高分子化合物が樹脂の分子と複雑に絡み合うこととなる。このため、樹脂に含有された蛍光性を有する高分子化合物はブリード現象を起こし難くなる。このため、蛍光強度が低下し難くなり、色移りも起こし難くなる。
技術概要
この技術では、蛍光顔料は、蛍光性を有する高分子化合物を含有するものとする。蛍光性を有する高分子化合物は、そのものを単独で蛍光顔料とすることもできるが、ニーダー等によって他の樹脂に練り込んで含有させたマスターバッチの状態で蛍光顔料とすることもできる。蛍光性を有する高分子化合物はフェナザシリン誘導体の重合物及びフェナザシリン誘導体を含む共重合物の少なくとも1つとすることができる。フェナザシリン誘導体の重合物としては、例えば式(1)で表される重合物を用いることができる。(式中、R↓1、R↓2、R↓3はそれぞれ置換されてもよいアルキル基、アリール基、アルコキシ基、アリーロキシ基又は水素原子を示し、nは平均重合度である。)
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 名古屋市工業研究所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT