テストステロン5α−レダクターゼ阻害剤

開放特許情報番号
L2010006155
開放特許情報登録日
2010/12/3
最新更新日
2010/12/3

基本情報

出願番号 特願2007-022646
出願日 2007/2/1
出願人 学校法人近畿大学
公開番号 特開2008-189558
公開日 2008/8/21
発明の名称 テストステロン5α−レダクターゼ阻害剤
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 テストステロン5α−レダクターゼ阻害剤、皮膚外用剤、育毛化粧料、医薬品、前立腺肥大症に有効な処置剤
目的 新たな育毛用化粧料、すなわち、テストステロン5α−レダクターゼ阻害作用を有し、毛髪成長促進作用による、有効な育毛、発毛および脱毛防止作用を示し、種々の要因の薄毛、脱毛症状を予防し改善し得る育毛用化粧料の提供。
効果 この技術のコショウ(Piper nigrum)の葉および、その抽出物、またはクベビン、3,4−ジメトキシ−3,4−デスメチレンジオキシクベビンは、優れたテストステロン5α−レダクターゼ阻害作用および毛再生促進作用を示し、コショウ(Piper nigrum)の葉および、その抽出物、またはクベビン、3,4−ジメトキシ−3,4−デスメチレンジオキシクベビンを含有する育毛剤および毛髪用化粧料または医薬品は、育毛、発毛および脱毛防止作用を示す。
技術概要
この技術では、テストステロン5α−レダクターゼ阻害剤は、コショウ科(Piperaceae)コショウ属(Piper)コショウ(Piper nigrum)の葉抽出物を有効成分として含有することからなる。又、式に表される化合物クベビン(cubebin)を有効成分として含有するものとする。また、化合物3,4−ジメトキシ−3,4−デスメチレンジオキシクベビン(3,4−dimethoxy−3,4−desmethylendioxycubebin)を有効成分として含有するものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 近畿大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT