データ送受信方法,データ送信装置,及びデータ受信装置

開放特許情報番号
L2010006133
開放特許情報登録日
2010/12/3
最新更新日
2015/12/4

基本情報

出願番号 特願2009-098365
出願日 2009/4/14
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2010-251990
公開日 2010/11/4
登録番号 特許第5333968号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 データ送受信方法,データ送信装置,及びデータ受信装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 データ送受信方法、データ送信装置、データ受信装置、無線通信システム
目的 データの集約化に伴うオーバーヘッドを低減することができるデータ送受信方法,データ送信装置,及びデータ受信装置の提供。
効果 データの集約化に伴うオーバーヘッドを低減することができる。その結果,データ送受信のスループットが高まり,パフォーマンスを高めることができる。
技術概要
この技術では、データ送受信方法では,複数の個別データを集約化したデータを,無線を用いて送受信する。データ送信装置は,データを送信可能な装置であり,集約化データをデータ受信装置に送信する際に,個別のデータの区切りに関する区切り情報と,複数の個別データのうち最初に送信される個別データに関する冒頭データ情報とを,集約化データとともに無線信号として送信する。データ受信装置は,データを受信可能な装置であり,冒頭データ情報と,区切り情報とに基づいて,複数の個別データを読み出す順序を決定する。また,無線信号が,ヘッダーと,サブフレームとを含む。ヘッダーは,データ受信装置に最初に送信されるものである。サブフレームは,ヘッダーに続いて送信されるものであり,集約化データを含んでいる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT