シリカ−炭酸カルシウム複合粒子及びその製造方法、並びに該複合粒子を含有する複合組成物及び複合体

開放特許情報番号
L2010006125
開放特許情報登録日
2010/12/3
最新更新日
2014/11/26

基本情報

出願番号 特願2001-253938
出願日 2001/8/24
出願人 日鉄鉱業株式会社
公開番号 特開2003-063821
公開日 2003/3/5
登録番号 特許第4074447号
特許権者 日鉄鉱業株式会社
発明の名称 シリカ−炭酸カルシウム複合粒子及びその製造方法、並びに該複合粒子を含有する複合組成物及び複合体
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造、その他
適用製品 製紙用の塗工顔料や填料、塗工用の体質顔料、プラスチック等の高分子材料用の補強性填料
目的 吸油性、吸水性、高分子との接着性あるいはガス吸収性等の優れた性能を有する合成シリカの特性と白色度、分散性あるいは補強性等の優れた特質を有するアラゴナイト質柱状炭酸カルシウムの特性を併せもつシリカ−炭酸カルシウム複合粒子、該複合粒子を含有する複合組成物及び複合体を提供する。
効果 吸油性、吸水性、高分子との接着性あるいはガス吸収性等の優れた性能を有する合成シリカの特性と白色度、分散性あるいは補強性等の優れた特質を有するアラゴナイト質柱状炭酸カルシウムの特性を併せもち、製紙用の塗工顔料や填料、塗料用の体質顔料、プラスチック等の高分子材料用の補強性填料として適切な特性を有し、好適に使用できるシリカ−炭酸カルシウム複合粒子、該複合粒子を含有する複合組成物及び複合体を提供できる。
技術概要
 
 アラゴナイト質柱状炭酸カルシウムの生成過程である炭酸化反応時に、一次粒子の平均径が1〜100nmの範囲にある合成シリカ微粒子を共存させることにより、合成シリカ微粒子を長径0.5〜50μm、アスペクト比5〜25の範囲にあるアラゴナイト質柱状炭酸カルシウム粒子表面に、直接担持固定させ、シリカ−炭酸カルシウム複合粒子を製造する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容  合成シリカの特性と、アラゴナイト質柱状炭酸カルシウムの特性とを併せ持つ新規なシリカ−炭酸カルシウム複合粒子、及びその製造方法並びに該複合粒子を含有する複合組成物及び複合体に関する発明である。  より詳しくは、吸油性、吸水性、高分子との接着性あるいはガス吸収性等の優れた性能を有する合成シリカの特性と、白色度、分散性あるいは補強性等の優れた性能を有するアラゴナイト質柱状炭酸カルシウムの特性とを併せもつ、新規な構造のシリカ−炭酸カルシウム複合粒子、及びその製造方法、並びに該複合粒子を含有する複合組成物及び複合体に関する発明である。

登録者情報

登録者名称 日鉄鉱業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT