測定対象物およびその測定対象物から抽出されたサンプルの成分分布を分析する成分分布分析方法および成分分布分析装置

開放特許情報番号
L2010006120
開放特許情報登録日
2010/12/3
最新更新日
2015/8/4

基本情報

出願番号 特願2009-119296
出願日 2009/5/15
出願人 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2010-266380
公開日 2010/11/25
登録番号 特許第5311655号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 成分分布分析方法および成分分布分析装置
技術分野 電気・電子、情報・通信、有機材料
機能 機械・部品の製造、検査・検出、その他
適用製品 成分(タンパク質、澱粉、多糖類、ミネラル、脂質)分布分析方法、成分(タンパク質、澱粉、多糖類、ミネラル、脂質)分布分析装置
目的 励起・蛍光マトリクス(EEM)に基づき測定対象物とその測定対象物から抽出されたサンプル間の成分分布の差異を分析する場合であっても、両者における溶媒含有率の影響を除去することができ、測定対象物の特定成分(例えば、グルテン等)をより明確に分析することができる、成分分布分析方法および成分分布分析装置を提供する。
効果 本発明によれば、励起・蛍光マトリクス(EEM)に基づき穀粉製品を少なくとも含む測定対象物とその測定対象物から抽出されたサンプル間の成分分布の差異を分析する場合であっても、測定対象物とサンプル間における溶媒(水、アルコール)含有率の影響を除去することができ、測定対象物の特定の成分をより明確に分析することができる。
技術概要
 
測定対象物(パン生地)およびサンプル(小麦粉画分のグルテンやプライマリースターチ)のEEM(励起・蛍光マトリクス)を測定し、主成分分析(変量間の相関関係)を用いて解析する主成分得点プロットにおいて、溶媒(水、アルコール)軸と直交する成分(タンパク質、澱粉、多糖類、ミネラル、脂質)軸を抽出し、成分軸上で測定対象物およびサンプルの成分分布の差異の判別し、この成分軸に色軸を対応させて各プロットを色軸に沿って着色(カラーマッピング)することによって測定対象物およびサンプルの成分分布を可視化する成分分布分析方法、さらに測定対象物およびその測定対象物から抽出されたサンプルに所定の励起波長を照射する分光照明装置と、所定の蛍光波長で測定対象物およびサンプルを観察する分光撮影装置とを備えた成分分布分析装置である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】  アメリカ合衆国、欧州特許庁、オーストラリア
Copyright © 2018 INPIT