鉄棒練習具

開放特許情報番号
L2010006104
開放特許情報登録日
2010/11/26
最新更新日
2012/8/20

基本情報

出願番号 特願2008-087077
出願日 2008/3/28
出願人 国立大学法人富山大学
公開番号 特開2009-240337
公開日 2009/10/22
登録番号 特許第5019328号
特許権者 国立大学法人富山大学
発明の名称 鉄棒練習具
技術分野 その他
機能 その他
適用製品 け上がりの一連の動作を補助するための鉄棒練習具に適用する。
目的 鉄棒に装着する特定構造を有する鉄棒練習具を提供する。
効果 け上がりの中核技術の類縁運動感覚を身に付けることができる鉄棒練習具が得られる。
技術概要
棒材からなり一部が開口した枠体1と、枠体1の開口端に設けた鉄棒装着部2と、を有し、枠体1と鉄棒Bとで体挿入部3を形成し、鉄棒装着部2が、枠体1を鉄棒Bに対して回動自在かつ自由な位置で静止可能に支持する構成を有する鉄棒練習具にする(図)。かくして、枠体1を実施者の前方に向けて静止させ、け上がりを開始し、脚を体挿入部3に滑り込ませれば、枠体1が体の動きに従って鉄棒Bの周囲を下方へ回転して体を支えるので、自然に脚をつま先から大腿部にかけて鉄棒Bに沿わせ、それに伴って肩角を減少させながら腰を鉄棒Bに引き付けることができ、好ましくは、枠体の体が接する部分に回動自在なロール体4を設けることにより、枠体1が体に引っ掛かることがなく、足首から膝の裏、腿の裏へと滑らかに移動し、より本来のけ上がりに近い動きを経験することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT