酵素センサ、該酵素センサを使用した分析方法及びキット

開放特許情報番号
L2010006087
開放特許情報登録日
2010/11/26
最新更新日
2012/2/17

基本情報

出願番号 特願2007-048181
出願日 2007/2/27
出願人 国立大学法人富山大学
公開番号 特開2008-209323
公開日 2008/9/11
登録番号 特許第4892686号
特許権者 国立大学法人富山大学
発明の名称 酵素センサ、該酵素センサを使用した分析方法及びキット
技術分野 電気・電子、生活・文化
機能 検査・検出、安全・福祉対策
適用製品 酵素センサ、該酵素センサを使用した分析キット
目的 生体サンプルに含まれる微量タンパク質などの生化学物質、特にホルモン例えばコルチゾールの高感度、迅速分析を可能とする酵素センサを提供する。
効果 従来の分析方法では、生体サンプルに含まれる微量タンパク質の分析時間は6〜8時間ほど要していた。この酵素センサの分析では、分オーダー(10分程度)に短縮し、コルチゾールだけでなく他のホルモンの迅速分析に適用可能である。
技術概要
 
第1電極(作用極)、第2電極(対極)と第1電極と対向して配置している第3電極(対向極)及び反応槽を備える酵素センサである。酵素センサは、1)作用極が基板上で水平方向に配置され、対向極が作用極の実質的に上方に配置され、作用極と対向極間では電気泳動を垂直に展開可能であり、2)作用極に被測定物質に対する抗体(1次抗体)が固定化され、3)作用極に固定化された抗体には、抗体に結合する生体サンプルに含まれる被測定物質(抗原)を介して酵素によって標識化された酵素標識2次抗体が結合可能であり、4)作用極と対向極間に電圧を印加する電気泳動により、被測定物質、酵素標識2次抗体と1次抗体との凝集が可能であり、5)4)とは逆方向の電圧を印加することによる電気泳動により、被測定物質以外の生体サンプル成分、酵素標識2次抗体が作用極の近傍から除去可能であり、6)反応槽に十分量の電子メディエーター及び酸化還元物質が存在し、酵素標識2次抗体の酵素が酸化還元物質を触媒するとともに電子メディエーターを還元することで電子の授受が発生し、作用極と対極間の電気化学反応として、被測定物質の濃度に応じた電流が検出される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT