ガラス溶融炉

開放特許情報番号
L2010006008
開放特許情報登録日
2010/11/19
最新更新日
2015/8/6

基本情報

出願番号 特願2009-037437
出願日 2009/2/20
出願人 独立行政法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2010-189240
公開日 2010/9/2
登録番号 特許第4815640号
特許権者 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
発明の名称 ガラス溶融炉
技術分野 化学・薬品、無機材料、その他
機能 安全・福祉対策、環境・リサイクル対策、その他
適用製品 廃棄物処理装置、放射線廃棄物処理装置
目的 この発明は、溶融ガラスの流下時における浴壁近傍の流れ形成を良好にし、導電性堆積物量を抑制し、、廃棄物の円滑なガラス固化処理を可能にしたガラス溶融炉を提供する。
効果 この発明のガラス溶融炉は、直管部分の先端部分が紡錘型に膨出する中空構造の耐熱合金製の冷却棒を溶融槽の中央に垂下させているので、溶融ガラスの流下時における浴壁近傍の流れ形成が良好となり、温度制御ができることと相俟って、溶融ガラスの十分な排出が行えるようになる。垂直浴壁と中央電極との間の通電により発生した熱の一部は、耐熱合金製の垂直浴壁及び中央電極を伝って溶融ガラス液面上の気相部を加熱するため、供給する原料の溶融速度を促進させることができ処理能力が向上し小型化することも可能となる。
技術概要
従来の廃棄物ガラス固化処理用電気溶融炉としては、大別すると耐火物溶融炉と金属製溶融炉がある。しかし、これらのいずれの電気溶融炉でも、炉底勾配を有するにもかかわらず十分な排出が行われず、若干量の導電性物質がガラス溶融炉の底部あるいは勾配面に堆積し、溶融槽の下部の濃度が高くなることが予想され、その場合には前述したような通電異常あるいは廃棄物処理能力の低下という現象が生じることになる。また、通電異常や処理能力の低下が生じた場合には、溶融炉を交換する必要が生じ、高放射性液体廃棄物の処理が滞ることが考えられる。この発明廃棄物ガラス固化処理用電気溶融炉は、溶融槽は、円錐状の炉底浴壁とその上方に連続し一方の加熱電極を兼ねる円筒状の垂直浴壁からなり冷却手段を備えた耐熱合金製の一体構造であって、垂直浴壁を対極とする他方の加熱電極は、冷却手段を備え溶融槽内に垂下される円筒状の中央電極である。直管部分と紡錘型に膨出する先端部分とが連続し中空構造をなす耐熱合金製の冷却棒を、その直管部分が中央電極内に電気絶縁体を介して位置し、先端部分が中央電極から突出するように溶融槽内に設置する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT