TRU合金燃料の製造方法、TRU合金燃料製造工程の模擬方法

開放特許情報番号
L2010006006
開放特許情報登録日
2010/11/19
最新更新日
2015/8/6

基本情報

出願番号 特願2009-035249
出願日 2009/2/18
出願人 独立行政法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2010-190727
公開日 2010/9/2
登録番号 特許第4840618号
特許権者 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
発明の名称 TRU合金燃料の製造方法
技術分野 電気・電子、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 TRU合金燃料の製造方法
目的 この発明は、軽水炉及び高速炉の使用済み燃料から発生する超ウラン元素(TRU)を含むTRU合金燃料に関し、均質なTRU合金燃料が製造できる可能性があるTRU合金燃料の製造方法の提供を目的とする。
効果 ジルコニウムとアメリシウムとの間の固溶性の悪さにも関わらず、均質なTRU合金燃料が製造できる可能性がある。また、製造工程におけるアメリシウムの蒸発損失を抑制し、TRU合金燃料中のアメリシウム収量(含有量)の向上を期待できる。
技術概要
TRU合金燃料の製造方法は、プルトニウムとアメリシウムとを溶解し、第1合金を作製する第1工程と、第1工程によって作製されたプルトニウムとアメリシウムとを含む第1合金と、少なくともジルコニウムを含む1種又は複数種の材料とを溶解し、第2合金を作製する第2工程と、を有する。 また、TRU合金燃料の製造工程を検討する上で有効となるTRU合金燃料製造工程の模擬方法としては、プルトニウムとアメリシウムとジルコニウムとを含むTRU合金燃料の製造工程を、融点が近く、相互の固溶関係が類似する元素として、プルトニウムを銅で、アメリシウムをサマリウムで置換して模擬することを特徴としている。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT