オオムギ品種の識別方法及び優良醸造形質を有するオオムギ品種

開放特許情報番号
L2010005948
開放特許情報登録日
2010/11/12
最新更新日
2010/11/12

基本情報

出願番号 特願2008-251780
出願日 2008/9/29
出願人 サッポロビール株式会社
公開番号 特開2009-060911
公開日 2009/3/26
登録番号 特許第4450856号
特許権者 サッポロビール株式会社
発明の名称 オオムギ品種の識別方法及び優良醸造形質を有するオオムギ品種
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、食品・飲料の製造
適用製品 大麦
目的 本発明は、各オオムギ品種が保持するβ−アミラーゼの熱安定性を指標として、オオムギ品種を識別する方法に関する。また、本発明は、このβ−アミラーゼの熱安定性を指標として、醸造上優れたオオムギ品種を識別する方法に関する。さらに、本発明は、これらオオムギ品種の識別方法を利用して、オオムギ品種の育種方法及びこの育種方法により育種されたオオムギ品種に関する。
効果 本発明によれば、従来の育種家の経験則に依存した方法とは異なり、育種中のオオムギのβ−アミラーゼの熱安定性という物理的性状に基いて客観的に醸造特性の優れた品種識別を行うことが可能となる。これにより、醸造特性の優れたオオムギ品種を簡便かつ確実に選抜することが可能となる。
技術概要
 
本発明によれば、従来の育種家の経験則に依存した方法とは異なり、育種中のオオムギのβ−アミラーゼの熱安定性という物理的性状に基いて客観的に醸造特性の優れた品種識別を行うことが可能となる。これにより、醸造特性の優れたオオムギ品種を簡便かつ確実に選抜することが可能となる。また、上記した品種識別方法をオオムギ品種の育種方法に利用することにより、β−アミラーゼの所望の熱安定性を有する品種、すなわち、優れた醸造特性、すなわち、醸造により適したオオムギ品種を育種することが可能となる。その結果、ここで育種されたオオムギ品種をビール製造に利用することにより、ビール製品の質の維持、改良、向上を図ることが可能となる。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT