粘弾性CNT集合体及び積層体

開放特許情報番号
L2010005882
開放特許情報登録日
2010/11/12
最新更新日
2015/10/26

基本情報

出願番号 特願2012-527785
出願日 2011/8/5
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2012/018117
公開日 2012/2/9
登録番号 特許第5605431号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 CNT集合体及び積層体
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 CNT集合体、積層体及びそれらの製造方法
目的 ゴム自体やエラストマー自体が有している特性と同様な特性を有するCNT集合体を含む粘弾性体を提供する。
さらに高温条件及び/または低温条件でも安定した、室温と同様の特性を示す、衝撃吸収性に優れたCNT集合体を含むCNT集合体を提供する。
効果 ゴム自体やエラストマー自体が有している特性と同様な特性を有するCNT集合体を含む粘弾性体が提供される。また、さらに高温条件及び/または低温条件でも安定した、室温と同様の粘弾性を示す、衝撃吸収性に優れたCNT集合体を含むCNT集合体が提供される。
技術概要
複数本のCNTで構成されるCNT集合体であり、
(1)該CNT集合体は、周波数1Hzの剪断モードで動的粘弾性測定により得られる25℃での貯蔵弾性率(G↓(25℃)’)が10↑4Pa以上10↑9Pa以下であり、
(2)該CNT集合体は、周波数1Hzの剪断モードで動的粘弾性測定により得られる25℃での損失弾性率(G↓(25℃)”)が10↑3Pa以上〜10↑8Pa以下であり、
(3)該CNT集合体は、周波数1Hzの剪断モードで動的粘弾性測定により得られる25℃での損失正接(tanδ(=G↓(25℃)”/G↓(25℃)’))が10↑(−3)以上1以下であり、かつ、
(4)該CNT集合体の液体窒素の吸着等温線からBJH法で求めた細孔径の分布極大が50nm以下であることを特徴とするCNT集合体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT