ヘモキニン−1受容体及びヘモキニン−1由来ペプチド

開放特許情報番号
L2010005812
開放特許情報登録日
2010/10/29
最新更新日
2015/4/23

基本情報

出願番号 特願2012-530706
出願日 2011/8/25
出願人 国立大学法人 宮崎大学
公開番号 WO2012/026526
公開日 2012/3/1
登録番号 特許第5688718号
特許権者 国立大学法人 宮崎大学
発明の名称 ヘモキニン−1受容体及びヘモキニン−1由来ペプチド
技術分野 情報・通信、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、その他
適用製品 サブスタンスP由来ペプチド及びヘモキニン−1由来ペプチド、並びにこれらのペプチドを含む疼痛治療薬、炎症治療薬、及び掻痒治療薬、スクリーニング方法
目的 SPに対するアンタゴニスト活性、疼痛抑制活性、炎症抑制活性、及び掻痒抑制活性を有するペプチドを提供する。
また、HK-1に特異的な受容体を用いた疼痛治療薬、炎症治療薬、及び掻痒治療薬の探索方法を提供する。
効果 本発明によれば、SPに対するアンタゴニスト活性、疼痛抑制活性、炎症抑制活性、及び掻痒抑制活性からなる群から選択される少なくとも1つの活性を有するペプチドを提供することができる。また、L型アミノ酸の一部をD型アミノ酸に置換することにより、上記活性を長時間持続するペプチドを提供することができる。
加えて、HK-1特異的受容体であるGPR83を用いる化合物スクリーニングによって、HK-1が関与する疼痛、掻痒、掻痒などの治療に有用な化合物を提供することができる。
技術概要
以下のいずれかに示されるペプチド又はその製薬上許容される塩:
(a)Arg-Ser-Arg-Thr-Arg-NH↓2(配列番号7)
[C末端のArg-NH↓2は、カルボキシル基がアミド化されたArgを示す]
で表されるアミノ酸配列からなるペプチド;
(b)Arg-Pro-Lys-Pro-Gln-NH↓2(配列番号6)
[C末端のGln-NH↓2は、カルボキシル基がアミド化されたGlnを示す]
で表されるアミノ酸配列からなるペプチド;
(c)上記(a)又は(b)のペプチドのアミノ酸配列において、Arg及びLys以外の位置で1又は数個のアミノ酸が欠失、置換又は付加されたアミノ酸配列からなり、且つサブスタンスPに対するアンタゴニスト活性、疼痛抑制活性、炎症抑制活性、及び掻痒抑制活性からなる群から選択される少なくとも1つの活性を有するペプチド
(但し、
Arg-Pro-Lys-Pro-Gln-Gln-Phe-NH↓2(配列番号3)
[C末端のPhe-NH↓2は、カルボキシル基がアミド化されたPheを示す]
で表されるアミノ酸配列からなるペプチド;及び
Arg-Pro-Lys-Pro-Gln-Gln-Phe-Phe-NH↓2(配列番号5)
[C末端のPhe-NH↓2は、カルボキシル基がアミド化されたPheを示す]
で表されるアミノ酸配列からなるペプチドを除く);
により第1の課題を解決することができる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT