撮影位置及び撮影姿勢を記録する画像撮影装置とその処理方法

開放特許情報番号
L2010005794
開放特許情報登録日
2010/10/29
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2009-046035
出願日 2009/2/27
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2010-200274
公開日 2010/9/9
登録番号 特許第5267991号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 撮影位置及び撮影姿勢を記録する画像撮影装置とその処理方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 携帯電話、デジタルカメラ、小型パーソナルコンピュータ、PDA等
目的 撮影画像に撮影位置及び撮影姿勢を合わせて出力する際に、それらの情報が撮影された画像と誤差がなく、かつユーザが意識せずに簡便に使用することのできる画像撮影装置の提供を目的とする。
効果 情報取得制御手段が、撮像画像の動作状態を検出することで撮影の終了を契機として、撮影姿勢検出手段が撮影姿勢を検出する制御を行うことができる。さらに位置測定手段が位置測位を行うことができる。 このような構成によってユーザが意識することなく撮影と、位置測定や姿勢検出を自動的に行うことができる。
技術概要
画像撮影装置は、撮影画像と共に撮影位置及び撮影姿勢を出力する装置である。 位置測定手段は、位置測位を行う。 撮影姿勢検出手段は、画像撮影装置の方位又は仰角の少なくともいずれかを含む撮影姿勢を検出する。 撮像手段は、画像を撮影し、記憶手段に撮影画像を記録する。 情報取得制御手段は、撮像手段の動作状態を検出すると共に位置測定手段及び撮影姿勢検出手段をそれぞれ制御する。この情報取得制御手段は、撮像手段の動作状態に関する所定の契機に位置測定手段及び撮影姿勢検出手段を制御する。 また、位置測定手段として少なくとも衛星測位手段を用いることもできる。 情報制御取得手段が、撮像処理が終了したことを検出した直後に、撮影姿勢検出手段が撮影姿勢を検出する制御を行い、次いで位置測定手段が位置測位を行う制御を行なう構成でもよい。このような順に制御を行った後、撮影画像毎にその撮影時の撮影位置及び撮影姿勢を関連づけて出力することができる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT