食用植物体を特定の条件でビタミンU、タウリン、カルノシン、Tyr−Proおよび/またはL−カルニチン含有溶液で処理することによって、それら物質を高濃度に含有する食用植物体を効率的に製造する方法

開放特許情報番号
L2010005740
開放特許情報登録日
2010/10/22
最新更新日
2015/8/4

基本情報

出願番号 特願2010-116877
出願日 2010/5/21
出願人 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2010-227113
公開日 2010/10/14
登録番号 特許第4868619号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 ビタミンU、タウリン、カルノシン、Tyr−Proおよび/またはL−カルニチンを高濃度に含有する食用植物体及びその製造方法
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造、加熱・冷却
適用製品 ビタミンU、タウリン、カルノシン、Tyr−Proおよび/またはL−カルニチンを含有する食用植物体(ルコラ、普通ソバ、ダッタンそば、アルファルファ、オオムギ、かいわれ大根、ブロッコリー、アスパラガス、ねぎ、にら、オオバ)、食用植物体の製造方法
目的 GABA、ビタミンU、タウリン、カルノシン、Tyr−Proおよび/またはL−カルニチンを高濃度(例えば、10mg/100gFW以上)含有する食用の植物体及びこれらの食用の植物体の製造法を提供する。
効果 本発明によれば、自然な形でビタミンU、タウリン、カルノシン、Tyr−Proおよび/またはL−カルニチンを高濃度に含有する食用の植物体が得られた。
技術概要
 
ビタミンU、タウリン、カルノシン、Tyr−Pro及びL−カルニチンから成る群から選ばれる少なくとも1種の物質を含有する水溶液に食用植物体を浸漬し、物質を食用植物体に蓄積含有させて物質を含有する食用植物体を製造する方法であって、食用植物体はその一部を水溶液に常時または断続的に6〜24時間浸漬し、残部は蒸散作用し得るように水溶液の外に常時または断続的に維持され、食用植物体及び水溶液は20〜35°Cに維持され、物質を少なくとも10mg/100gFW以上含有する食用植物体を得る方法、並びに物質を含有する食用植物体(スプラウト、切断野菜)である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 特開2007−89572
関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT