NMR検出セル、NMR測定方法及びNMR測定用装置

開放特許情報番号
L2010005636
開放特許情報登録日
2010/10/8
最新更新日
2010/10/8

基本情報

出願番号 特願2007-536537
出願日 2006/9/20
出願人 国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学
公開番号 WO2007/034842
公開日 2007/3/29
発明の名称 NMR検出セル、NMR測定方法及びNMR測定用装置
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 NMR検出セル、NMR測定用装置
目的 NMRの測定において、効率的にNMRでリアルタイムに測定する方法及びこの方法を可能とするNMR測定用NMR検出セル、NMR測定用装置を提供する。
効果 連続的に測定試料の外部環境の変化が可能であり、効率的な測定試料と候補相互作用物質の相互作用の過程の解析が可能であり、さらにタンパク質の立体構造変化をリアルタイムに追跡可能であるという利点がある。
技術概要
 
NMR測定用磁石内のNMR検出セル中において、測定試料を媒体中で固定化し、固定化された測定試料の外部環境を連続的に変化させた条件下で、測定試料を溶液NMRで測定する溶液NMR測定方法である。測定試料を固定化する方法は、測定試料を固相担体で吸着させることである。外部環境の変化は、固定化された測定試料の存在する媒体における変化である。外部環境の変化は、NMR測定用磁石内のNMR検出セルの送液管と廃液管によって行われる。溶液NMR装置用NMR検出セルは、1)NMR測定用磁石外に通じる送液管、2)NMR測定用磁石外に通じる廃液管、3)送液管及び廃液管に連結可能でありかつ固相担体を充填可能な分析管、を有する。溶液NMR測定用装置は、1)測定試料を媒体中で固定化可能な固相担体を充填した分析管、2)固定化された測定試料の外部環境を変化させるための溶液又は候補相互作用物質を供給可能な送液管、3)溶液又は候補相互作用物質を廃液可能な廃液管、を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT