重金属固定化処理剤、及び、同重金属固定化処理剤の製造方法、並びに、重金属固定化処理方法

開放特許情報番号
L2010005609
開放特許情報登録日
2010/10/1
最新更新日
2010/10/1

基本情報

出願番号 特願2004-157749
出願日 2004/5/27
出願人 株式会社環境アネトス、庄野 章文、納冨 啓一、庄野 道行
公開番号 特開2005-336348
公開日 2005/12/8
登録番号 特許第3920874号
特許権者 株式会社環境アネトス、庄野 章文、納冨 啓一、庄野 道行
発明の名称 重金属固定化処理剤、及び、同重金属固定化処理剤の製造方法、並びに、重金属固定化処理方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 重金属固定化処理剤、重金属固定化処理方法、多硫化物
目的 処理コストを低減した重金属固定化処理剤の提供。
効果 アルカリ灰を原料として生成した多硫化物(但し、Sx(x=6〜12))を主成分としているために、処理コストを低減することができる。
技術概要
 
この技術では、アルカリ灰を原料として熱水中又は水蒸気中で硫黄と反応させて生成した多硫化物(但し、Sx(x=2〜12))を主成分とし、重金属を含有する被処理物に混合することによって重金属を固定化して被処理物からの溶出を防止することを特徴とする重金属固定化処理剤を提供する。また、反応装置内で原料となるアルカリ灰と硫黄とを混合し、原料となるアルカリ灰中のカルシウム、カリウム、ナトリウム、又はマグネシウムと硫黄を熱水中又は水蒸気中で反応させて生成した重金属と反応して固定化する重金属固定化処理剤を提供する。また、反応装置内で原料となるアルカリ灰と硫黄とを混合し、原料となるアルカリ灰中のカルシウム、カリウム、ナトリウム、又はマグネシウムと硫黄を熱水中又は水蒸気中で反応させて生成する重金属と反応して固定化する重金属固定化処理剤の製造方法を提供する。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社環境アネトス

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT