液体濾過装置、液体処理装置、液体処理システム、及び液体処理方法

開放特許情報番号
L2010005582 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けますこの特許が掲載されている活用例集をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2010/10/1
最新更新日
2011/4/1

基本情報

出願番号 特願2003-109700
出願日 2003/4/15
出願人 株式会社ファインクレイ
公開番号 特開2004-313890
公開日 2004/11/11
登録番号 特許第4495918号
特許権者 株式会社ファインクレイ
発明の名称 液体濾過装置、液体処理装置、液体処理システム、及び液体処理方法
技術分野 電気・電子、機械・加工、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、環境・リサイクル対策、その他
適用製品 液体濾過装置
目的 濾過材により被処理液体を濾過処理するに際し、濾過材の目詰まりが起こり難く、しかも濾過精度に優れた液体濾過装置の提供を目的とする。
効果 濾過材により被処理液体を濾過処理するに際し、濾過材の目詰まりが起こり難く、濾過精度に優れる。
技術概要
懸濁液を処理槽に供給して濾過処理するための液体処理装置は、処理槽内に液体濾過装置を配置する。この液体濾過装置は、濾過面を縦方向に配置した濾過材により囲まれた内部空間を有する濾過エレメントと、濾過エレメントの内部空間の上方に配置された蓋材と、蓋材の貫通口に装着され、濾過エレメントの内部空間を大気圧に開放するための液体不透過性の中空体とを備える。 また、ポンプ手段により処理槽の底部から濾過装置の濾過材を通過した濾液が採取され、導管により分岐装置に導かれる。導管により導かれた濾液は、分岐装置により、上方向回路と下方向回路とに分岐される。上方向回路に分岐した濾液は、戻し回路により処理槽内に還流する。処理槽の底周辺部には、戻し回路の吐出口が配置される。 戻し回路の吐出口より吐出される濾液の流れを駆動力として、処理槽内の懸濁液に液面から底部への短絡流が起らない旋回流を発生させ、下方向回路からは処理槽内に還流しなかった濾液を採取するように構成されている。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT