内視鏡用鉗子

開放特許情報番号
L2010005571
開放特許情報登録日
2010/9/24
最新更新日
2011/1/21

基本情報

出願番号 PCT/JP2010/061101
出願日 2010/6/30
出願人 株式会社スズケン
公開番号 WO2011/001996
公開日 2011/1/6
発明の名称 内視鏡用鉗子
技術分野 機械・加工、有機材料、食品・バイオ
機能 機械・部品の製造、環境・リサイクル対策、安全・福祉対策
適用製品 内視鏡用生検鉗子
目的 @安価で故障が少ない処置具の提供。Aマーカーもしくは止血を生体組織を採取する一連の工程で行える。
効果 プラスチックによる一体成型で主要部品をつくるので、組立工程が大幅に削減でき、コストが抑えられる。マーカーもしくは止血クリップは生分解性プラスチックを用いているために体内に長期残存することはない。MRI検査OK
技術概要
 
生体組織を切断する箇所にPEEKを使用し、全体を構成しているPPとの2色成型を行い、鉗子カップ部分を一体成型する。開閉及び把持と切断をアウターシースとカップ外周に設けた突起形状でコントロールできる。マーカーもしくは止血についてはリングを本鉗子に装着し、一連の動作で行うことができ、処置具の抜去・再挿入の手間が要らない。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 締結後2年以内の製造
対価条件(一時金) 【不要】 

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 一体成型で主要部品が作れるので低コストで製造できる
改善効果2 マーカーもしくは止血クリップはMRI撮影も安全
改善効果3 マーカーもしくは止血クリップは分解するので体内残存無し
アピール内容 特許未公開、PCT出願済、ISRでは請求項すべて新規性・進歩性・産業上利用可能性全てYES。

登録者情報

登録者名称 株式会社スズケン

事業化情報

事業化条件
特別資格 【要】医療機器製造業許可

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
追加情報 生体適合性プラスチック材料保有企業は調査済
Copyright © 2017 INPIT