イオン対電荷移動錯体高分子ならびにそれを含む光応答性/電子応答性材料

開放特許情報番号
L2010005539
開放特許情報登録日
2010/9/24
最新更新日
2013/11/29

基本情報

出願番号 特願2008-534405
出願日 2007/9/14
出願人 国立大学法人九州大学
公開番号 WO2008/032818
公開日 2008/3/20
登録番号 特許第5376362号
特許権者 国立大学法人九州大学
発明の名称 イオン対電荷移動錯体高分子ならびにそれを含む光応答性/電子応答性材料
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 情報関連分野、光機能性材料
目的 光機能性材料等として有用な特長を活かしながら熱的には安定な新しいタイプのイオン対電荷移動錯体高分子の提供。
効果 本技術のイオン対電荷移動錯体高分子は、熱的安定性があり、光または電気のいずれに対しても可逆的に広い波長範囲で高速に応答し得る材料として、記録、表示、スイッチ、光変調などの多くの目的に利用され得るものと期待される。
技術概要
本技術者は、ビピリジニウムカチオンに結合される高分子主鎖の構造に工夫を凝らすことにより、如上の目的を達成できる錯体高分子が得られることを見出し、本技術を導き出したものである。かくして、本技術に従えば、一般式(I)で表される置換ビピリジニウムカチオンをアクセプターとすることを特徴とする熱安定性の優れたイオン対電荷移動錯体高分子が提供される。式(I)中、Xは、ビピリジニウム基の窒素原子に対して4位または2位で結合したフェニル基、ビフェニル基、チエニル基、ビチエニル基、ターチエニル基、フリル基、フルオレニル基、ピレニル基、ペリレニル基もしくはビニル基を表すか、または何もない直結状態(すなわち、Xが存在しない場合)を表し;Zは、オキサゾリン誘導体が開環重合した高分子、またはビニルエーテル誘導体もしくはインデン誘導体が付加重合した高分子を表す。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT