組成物及び飲食品

開放特許情報番号
L2010005518
開放特許情報登録日
2010/9/24
最新更新日
2010/9/24

基本情報

出願番号 特願2008-108399
出願日 2008/4/18
出願人 国立大学法人九州大学
公開番号 特開2009-256256
公開日 2009/11/5
発明の名称 組成物及び飲食品
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 組成物、飲食品、高脂血症治療薬
目的 高脂血症等の抑制に有効な新たな組成物等の提供。
効果 スタチンと同様にHMG−CoA還元酵素阻害活性を有し、コレステロール合成を効果的に抑制することが可能な組成物が得られる。
技術概要
この技術では、天然資源より抽出された組成物であって、HMG−CoA還元酵素阻害活性を有する組成物を提供する。天然資源からの抽出に用いられる抽出溶媒が、水、メタノール、エタノール及びジクロロメタンの少なくとも1つを含むものとする。天然資源が、植物及び生薬の少なくとも1つを含むものとする。天然資源がヨモギであり、抽出溶媒を水として抽出されたものとする。また、天然資源がシュロの実であり、抽出溶媒をエタノールとして抽出されたものでもよい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT