インプラント

開放特許情報番号
L2010005494
開放特許情報登録日
2010/9/24
最新更新日
2012/12/19

基本情報

出願番号 特願2007-121807
出願日 2007/5/2
出願人 国立大学法人九州大学
公開番号 特開2008-272322
公開日 2008/11/13
登録番号 特許第5110953号
特許権者 国立大学法人九州大学
発明の名称 インプラント
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造
適用製品 人工歯、歯科インプラント、人工歯根
目的 天然歯のような感覚が得られ、かつ安全性の高いインプラントの提供。
効果 加圧されることにより微弱電流を発生する圧電センサを備えることにより、被固定物の加圧時に、圧力に応じた微弱電流が発生し、この発生した微弱電流がインプラントの近くに存在する神経を刺激することにより、被固定物の加圧を知覚することが可能なインプラントが得られる。
技術概要
この技術では、インプラントは、人工歯、関節や骨などの被固定物を骨に固定するためのインプラントであって、加圧されることにより微弱電流を発生する圧電センサを備える。ここで、圧電センサは、圧電性物質により形成されたものであることが望ましい。圧電性物質としては、例えば、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)などの高分子圧電材料、水晶(SiO↓2)、酸化亜鉛(ZnO)、電気石(トルマリン)などのセラミックス圧電材料、これらの高分子圧電材料とセラミックス圧電材料との積層材または複合材、リアセチレンやポリチオフェン類などの導電性高分子などを用いることができる。また、インプラントは、導電性材料により形成され、骨に固定される根部と、導電性材料により形成され、被固定物が固定されるとともに根部に取り付けられる支台部とを有し、圧電センサは、根部と支台部との間に、根部または支台部のいずれか一方に対して絶縁された状態で設けられたものであることが望ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT