水素吸蔵体とそれを用いた水素吸蔵装置及び水素センサ、並びに、ニッケルナノ粒子及びその製造方法

開放特許情報番号
L2010005493
開放特許情報登録日
2010/9/24
最新更新日
2010/9/24

基本情報

出願番号 特願2007-108689
出願日 2007/4/17
出願人 国立大学法人九州大学
公開番号 特開2008-266690
公開日 2008/11/6
発明の名称 水素吸蔵体とそれを用いた水素吸蔵装置及び水素センサ、並びに、ニッケルナノ粒子及びその製造方法
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 水素吸蔵体、水素吸蔵装置、水素センサ
目的 比較的低い温度や低い圧力下でも効率良く水素を吸蔵でき、且つ、安価に得ることができる水素吸蔵体の提供。
効果 比較的低い温度や低い圧力下でも効率良く水素を吸蔵でき、且つ、安価な水素吸蔵体を提供できる。また、このような水素吸蔵体を用いることにより、安価な水素吸蔵装置や水素センサを提供することもできる。
技術概要
この技術では、Niナノ粒子からなる水素吸蔵体を提供する。また、Niナノ粒子が結合剤を用いて薄膜状に形成されてなる水素吸蔵体を提供する。また、この水素吸蔵体と、水素吸蔵体を収容する容器と、を備えた水素吸蔵装置を提供する。さらに、水素吸蔵体と、Niナノ粒子の結晶構造の変化に伴う磁化率の変化を検出する磁化率検出手段と、を備えた水素センサを提供する。また、水溶性の有機高分子によって表面の少なくとも一部が被覆された、hcp構造を有するNiナノ粒子を提供する。また、Ni塩と、水溶性の有機高分子と、多価アルコールと、を含む溶液を加熱し、Ni塩に含まれるNiイオンを還元することによって、表面の少なくとも一部が有機高分子によって被覆されたhcp構造を有するNiナノ粒子を得る、Niナノ粒子の製造方法を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT