木質系廃棄物処理用微生物製剤

開放特許情報番号
L2010005491
開放特許情報登録日
2010/9/24
最新更新日
2010/9/24

基本情報

出願番号 特願2007-094981
出願日 2007/3/30
出願人 国立大学法人九州大学
公開番号 特開2008-245629
公開日 2008/10/16
発明の名称 木質系廃棄物処理用微生物製剤
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 白色腐朽菌、微生物製剤、木質系廃棄物、果樹剪定枝
目的 野外での生育力及び木材分解力が強い微生物を含む、木質系廃棄物処理用微生物製剤の提供。
効果 この技術の製剤により、これまで製品化されている微生物製剤では処理が困難な木質系廃棄物の微生物処理が可能となる。また、環境への影響が少なく、またコストを大きく削減することができる木質系廃棄物の処理方法が提供される。
技術概要
 
この技術では、60日間以内の果樹剪定枝の重量減少率が、30%以上(好ましくは40%以上、より好ましくは50%以上)であるとき、又は120日間での果樹剪定枝の重量減少率が、50%以上(好ましくは60%以上、より好ましくは70%以上、さらに好ましくは80%以上)であるときに、その候補白色腐朽菌を選択する、木質系廃棄物の処理(好ましくは堆肥化)のための微生物のスクリーニング方法を提供する。また、20℃〜30℃において、60日間以内に、果樹剪定枝を重量減少率30%以上(好ましくは40%以上、より好ましくは50%以上)となるまで、又は120日間で、果樹剪定枝の重量減少率が、50%以上(好ましくは60%以上、より好ましくは70%以上、さらに好ましくは80%以上)となるまで分解することができる白色腐朽菌の一種以上を含む、木質系廃棄物の処理(好ましくは堆肥化)のための製剤を提供する。この製剤において白色腐朽菌は、ヒラタケ属、カワラタケ属又はシュタケ属に属する菌とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT