双安定素子

開放特許情報番号
L2010005490
開放特許情報登録日
2010/9/24
最新更新日
2013/10/29

基本情報

出願番号 特願2007-092977
出願日 2007/3/30
出願人 国立大学法人九州大学
公開番号 特開2008-250110
公開日 2008/10/16
登録番号 特許第5326102号
特許権者 国立大学法人九州大学
発明の名称 双安定素子
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 双安定素子、光導波路構造、全光ルータ
目的 動作条件が比較的広く、集積に適した小型化が可能な双安定素子の提供。
効果 安定した双安定動作範囲が得られる。また、小型化が得られる。
技術概要
この技術では、双安定素子は、基板上に、多モード干渉光導波路と、多モード干渉光導波路の前後に、多モード干渉光導波路より幅の細い光導波路が複数個接続され、多モード干渉光導波路より幅の細い光導波路の少なくとも1つが、0次モードと1次モードとを許容する光導波路であるものとする。また、幅の細い光導波路は、3個接続してなるものとする。また、幅の細い光導波路のうち少なくとも1つが、0次モードと1次モードとが定在波として存在できるものとする。また、基板が、半導体基板であるものとする。また、双安定素子の光導波路が、能動光導波路であるものとする。また、双安定素子の光導波路が、過飽和吸収領域を有するものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT