無線通信システム及び無線通信方法

開放特許情報番号
L2010005370
開放特許情報登録日
2010/9/17
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2009-011310
出願日 2009/1/21
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2010-171649
公開日 2010/8/5
登録番号 特許第5263740号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 無線通信システム及び無線通信方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 無線通信システム
目的 近年、広帯域な信号を近距離間で高品質に伝送するための一手法として、無線パーソナルエリアネットワーク(WPAN)が提案されている。WPANとしては、ミリ波帯(例えば60GHz)の電波を利用した無線通信システムがあり、デバイス間でビームフォーミングを行うものが知られている。そして、ビームフォーミング処理においてどのビームがベストであるかを決めるために、SNRを推定する。 この発明は、SNRの推定精度を高めて、ベストなビームを容易かつ確実に決めることができることを目的とする。
効果 SNR値が閾値以上である場合に、ビームフォーミングが成功した旨を示す情報が送信されるので、ベストビームを容易かつ確実に決めることができる。ここで、閾値は、分解能の最小範囲の上限値に基づいて予め定められたものである。このため、ベストビームを選択するのに必要なSNRが精度高くかつ確実に推定されている。
技術概要
無線通信方法は、第1デバイス10と第2デバイス20との間でビームフォーミング技術を利用した無線通信を行うためのものである。無線通信を開始するにあたり、第1デバイス10と第2デバイス20との間のビームフォーミングに関するSNR値を推定する(S106)。続いて、SNR値と上方閾値とを比較する(S108)。その比較の結果、SNR値が上方閾値以上である場合に、第2デバイス20は、第1デバイス10との間のビームフォーミングが成功した旨を示す情報を第1デバイス10へと送信する(S122)。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT