無線通信システム及び方法

開放特許情報番号
L2010005366
開放特許情報登録日
2010/9/17
最新更新日
2015/12/4

基本情報

出願番号 特願2009-003059
出願日 2009/1/9
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2010-161673
公開日 2010/7/22
登録番号 特許第5305514号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 無線通信システム及び方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 無銭通信システム
目的 光通信において誤りが発生した場合であっても、両領域間において高品質な無線信号の送信、再生を実現する。
効果 いかなる波長の伝送品質が劣化しても、各時間帯においてパリティパケットが含められていることから、これを復元することができる。 また、互いに異なる時間帯の間でパリティパケットに割り当てる周波数を互いに異ならせることにより、パリティパケットが互いに同一波長で重複することを回避でき、一の波長における伝送品質が劣化しても、その劣化した波長において全てパリティパケットが割り当てられてしまうことを解消でき、連続してパリティパケットが損失することによる、他のデータパケットデータの誤り訂正能力の劣化を防止する。
技術概要
一の基地局3aは、受信した無線信号に基づいて複数のデータパケットを生成し、生成した所定数のデータパケット毎に、当該所定数のデータパケットに基づくパリティ情報を含むパリティパケットを生成し、生成したデータパケット及びパリティパケットにそれぞれ異なる波長を割り当て、このときパケットを送信すべき互いに異なる時間帯の間で上記パリティパケットに割り当てる波長を異ならせ、波長毎に割り当てたデータパケット及びパリティパケットを多重化し、これを光通信ネットワーク8を介して他の基地局3bへ送信し、他の基地局3bでは、分波したデータパケット並びにパリティパケットに基づいてパリティチェックを行うことにより、データパケットの脱落の有無を判定し、脱落したデータパケットを復元する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT