炎症性疾患の予防剤および/または治療剤

開放特許情報番号
L2010005336
開放特許情報登録日
2010/9/10
最新更新日
2011/2/4

基本情報

出願番号 特願2009-160412
出願日 2009/7/7
出願人 国立大学法人山口大学
公開番号 特開2011-016728
公開日 2011/1/27
発明の名称 炎症性疾患の予防剤および/または治療剤
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ、生活・文化
機能 材料・素材の製造、食品・飲料の製造、安全・福祉対策
適用製品 有効成分がアミノ酸であることから、本発明は上記の炎症性疾患の治療薬としてだけでなく、炎症性疾患を予防可能な食品及び飼料にも応用可能である。
目的 炎症性疾患は、クローン病や潰瘍性大腸炎等の炎症性腸疾患、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、痛風、乾癬等が代表的な疾患として知られている。これらの疾患には転写調節因子の一種NF-κBが関与することが知られていることから、 NF-κBの活性化阻害を通して炎症性疾患を予防/治療可能な薬剤の開発が望まれていた。
効果 本発明は医療、食品、飼料等の分野で、NF−κBの活性化に起因する炎症性疾患、特に 潰瘍性大腸炎やクローン病、あるいは自己免疫疾患の予防/治療のために利用可能である
技術概要
 
本発明は、必須アミノ酸の一種X,YまたはZを有効成分とする炎症性疾患の予防/治療薬を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
特許権実施許諾 【否】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT