植設体

開放特許情報番号
L2010005318
開放特許情報登録日
2010/9/10
最新更新日
2012/7/27

基本情報

出願番号 特願2007-554925
出願日 2007/1/17
出願人 学校法人日本大学
公開番号 WO2007/083670
公開日 2007/7/26
登録番号 特許第4997640号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 植設体
技術分野 金属材料、有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 口腔内の歯間乳頭を再建するために使用される植設体として、インプラント治療等の分野で広く利用される。
目的 簡易な方法で歯間乳頭の再建が可能な植設体を提供する。
効果 簡単な施術でインプラント間の歯間乳頭を再建することができ、また、歯肉(特に歯茎)の形態に自然感を持たせることができる。
技術概要
歯と歯の間の歯間乳頭を再建するために取り付けられる植設体1であって、歯間乳頭部にある歯槽骨10に埋入される埋入部5と、その埋入部と一体となって歯槽骨から突出すると共に歯肉内に埋入される植設体本体1Aとを備える。尚、植設体本体の歯間方向の幅は、1.5〜2.5mmの範囲である。また、植設本体は、歯間方向に交差する方向に延びると共に埋入部から離れる方向に延びる立設部2と、その立設部の上端部から歯間方向両側に延び、歯間方向と直交する方向からみて山形となっている屋根部3とからなり、また、植設体本体表面には、歯肉の線維が入り込むことが可能な複数の穴4が開口している。更に、植設体本体表面には、骨または歯肉線維が結合可能な表面処理がされている。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT