止血疾患治療用の医薬組成物

開放特許情報番号
L2010005166
開放特許情報登録日
2010/9/3
最新更新日
2010/9/3

基本情報

出願番号 特願2006-242197
出願日 2006/9/6
出願人 国立大学法人山梨大学
公開番号 特開2007-070359
公開日 2007/3/22
発明の名称 止血疾患治療用の医薬組成物
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 冠不全症候群、心筋梗塞、狭心症、脳血管疾患、脳卒中、血栓合併症
目的 特定のアミノ酸配列と同一若しくは実質的に同一のアミノ酸配列、特定のアミノ酸配列の一部が欠損、置換または付加された組換え体のアミノ酸配列、アミノ酸配列の部分ペプチド、アミノ酸配列のフラグメント、またはアミノ酸配列の塩のいずれか1つ以上を含有してなる止血疾患治療用の医薬組成物の提供。
効果 この技術の血小板凝集の作動薬として機能するバーシカンのアミノ酸配列、組換え体、ペプチド等またはこれらをコードするポリヌクレオチドまたは抗体等によって、CLEC−2とバーシカンとの結合を抑制または阻害することにより、動脈硬化部位や再狭窄部位での病的血栓形成のみを効果的に抑制し、生理的な止血は阻害しない血小板凝集する新しい抗血小板薬を開発することができる。
技術概要
 
この技術は、配列番号1で示されるアミノ酸配列と同一若しくは実質的に同一のアミノ酸配列、配列番号1に示されるアミノ酸配列の一部が欠損、置換または付加された組換え体のアミノ酸配列、アミノ酸配列の部分ペプチド、アミノ酸配列のフラグメント、またはアミノ酸配列の塩のいずれか1つ以上を含有してなることを特徴とする止血疾患治療用の医薬組成物を提供する。配列番号1に示すアミノ酸配列の一部が欠損、置換または付加された組換え体のアミノ酸配列とは、配列番号1の配列と少なくとも75%の相同性を有するアミノ酸配列であり、より好ましくは少なくとも80%のアミノ酸配列を、さらには、90%、最適には95%のアミノ酸配列の相同性をものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT