下肢安定用具

開放特許情報番号
L2010005156
開放特許情報登録日
2010/9/3
最新更新日
2014/1/8

基本情報

出願番号 特願2005-127475
出願日 2005/4/26
出願人 丹羽 敏宏、丹羽 昌子
公開番号 特開2006-304824
公開日 2006/11/9
登録番号 特許第4220492号
特許権者 丹羽 敏宏、丹羽 昌子
発明の名称 下肢安定用具
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 体が硬い人、高齢者、腰痛、膝痛、足首痛、踵痛
目的 仰臥位により睡眠をとるときや下肢を前に出して床等に座ったりするとき、下肢の横方向外側への回動を抑えることができ、体全体が敷布団や床面等に平面状態で支えられることにより、下肢が回動しない状態を確保できる簡易な構成の下肢安定用具の提供。
効果 この技術によれば、就寝者等が簡易な構造の膝安定用具及び足首安定用具を膝及び足に装着して、敷布団等に仰臥したり下肢を前に出して床等に座ったりしたときに、下肢全体が平面状態で敷布団や床面等に支えられるため、膝の曲がりの大きい場合でも、下肢が横方向外側へ回動することがなくなる。その結果、就寝者等の腰痛、膝痛、足首痛、踵痛などの発症を防止すると共に頻尿を抑えて熟睡させたりあるいはリラックスさせたりすることができるため、就寝者等の体全体の免疫力が高められることにより種々の病気の発症を防止できる。
技術概要
この技術の下肢安定用具は、下肢の膝部分に巻装されるゴム入り包帯である膝当てと、膝当てに取り付けられて膝の裏側の凹みを埋める膝支持部とからなる膝安定用具と、足首に巻装されるゴム入り包帯である足首当てと、足首当てに取り付けられて足首の裏側の凹みを埋める足首支持部とからなる足首安定用具とにより構成されている。膝支持部は、膝裏側の凹み形状に合わせて曲面状に膨らんでおり、多少の弾力を有すると共に変形が少ないように定形性が保持されており、また、足首支持部は、足首裏側の凹み形状に合わせて曲面状に膨らんでおり、多少の弾力を有すると共に変形が少ないように定形性が保持されている。そして、膝安定用具を膝に巻装すると共に足首安定用具を足首に巻装した就寝者等が敷布団に仰臥したり下肢を前に出して床等に座ったりしたとき、下肢全体がほぼ平面状態で敷布団や床面等に支えられるようになっている。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 「ヨーネル足ぶとん」として岩倉化成(有)で販売。
不眠、床ずれ、下肢痛防止。

登録者情報

登録者名称 丹羽 敏宏

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT