開放特許情報番号
L2010005154
開放特許情報登録日
2010/9/3
最新更新日
2014/1/8

基本情報

出願番号 特願2009-097295
出願日 2009/4/13
出願人 丹羽 敏宏、丹羽 昌子
公開番号 特開2010-246647
公開日 2010/11/4
登録番号 特許第4359335号
特許権者 丹羽 敏宏、丹羽 昌子
発明の名称
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 ポリエステル糸、ダブルラッセル構造、多孔質材料、頭部冷却作用
目的 頭部の沈み込みがほとんどなく適度な高弾発性によって頭部の転がり運動が容易かつスムーズに行え、通気性がよく冷却性能が高く、脊椎と頭部を真っ直ぐにして脳脊髄液や血液のスムーズな循環流通を確保でき、しかも安価な安眠に適した枕の提供。
効果 この技術の枕によれば頭部を載せたときに沈み込みがなく容易に転がることができると共に適度な弾発力により当りが良く、そのため、頭部の一点への重力圧が加わることを自然に避けることができ、頭部の不快感を抑えることができる。また、頭部の自由な動きと冷却効果により、寝返り回数を激減させ、安眠効果が高めることができると共に、反対側のラッセル編み面にて、複数の六角形の一部について多孔質樹脂材料製の補強部材を内側空間に挿嵌固定させることにより、長期の使用によるネット部材のヘタリを抑えることができる。
技術概要
この技術の枕は、長方形の厚板状であって、両面が樹脂線維を用いたラッセル編みにより線状の6角形を蜂の巣状に連続して組み合わせたラッセル編み面になっており、両ラッセル編み面間を樹脂線維で彎曲状に編んでつなぎ合わせ、加熱状態で引き伸ばされると共に樹脂加工が施された厚さ18mm〜24mmのネット部材を布製のカバーで包んでなり、ネット部材の片側のラッセル編み面の六角形の最長長さを20mm±10%とし、反対側のラッセル編み面の六角形の最長長さを40mm±10%に形成されている。そして、この枕では、長方形のネット部材が、樹脂線維を用いたラッセル編み面が6角形を蜂の巣状に連続して組み合わされることにより、頭部を載せる面としての硬さが確保され、またラッセル編み面間が多数の樹脂線維で彎曲状につなぎ合わされて厚さ18mm〜24mmにされていることにより縦方向の強度が確保されると共に両面間に適度な弾発力が付与される。そのため、頭部が枕上を自由に転がることができ、頭部の一点への重力圧が加わることを自然に避けることができる。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 「ヨーネル枕」として岩倉化成(有)で販売。
超通気性、熱を持たない、寝返り激減。

登録者情報

登録者名称 丹羽 敏宏

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT